INVESTMENT

TOP | Investment

Investment

資産運用をお考えの方へ

代表者コメント

マイナス金利下での新たな資産運用戦略

日銀によるマイナス金利政策の影響で、生命保険会社や投信会社の運用する金融商品が軒並み利回りを引き下げる状況に陥る中で、中長期の視点で安定的で相対的に高いインカムゲイン(利回り)が見込める不動産投資に注目が集まっています。
超低金利での資金調達が可能である一方、収益用不動産は4%前後のリターンが想定できるため、相対的に高いイールドギャップ(借入金金利と利回りの差)が見込めることが背景にあります。

 

世界が注目する日本の不動産、東京の不動産市場。

CBRE/グローバル投資家意向調査(2015年)による“投資したい都市ランキング”によれば、ロンドンに次いで東京は2位。 東京の2015年の投資取引額は前年から58%と大幅に増加しており、2016年に向けて「優先して投資したい」とした投資家の割合も22%に上昇しています。
なぜ、東京の不動産に人気が集まるのか? 東京の高級マンション分譲単価を100とした場合、ロンドンは330、ニューヨークは175.8であるなど(出典:日本不動産研究所 2015年4月時点)、その相対的な割安感は魅力的に映るというわけです。

 

不動産について
リスクヘッジ

不動産投資のリスクを軽減するために

マンション経営のリスクは“空室”ですが、入居率を中長期にわたり維持するには、需要の見込める立地であることが大前提となります。
東京では過去10年間の転入超過数は約70万人にのぼります(出典:総務省)。
また、東京都単身者世帯数の推移予想(東京都総務局)によれば、2015年309万世帯に対して、2035年には324万世帯に増加する見込みで、単身者世帯が増え続けている東京のワンルームマンションの需要は底堅いといえるでしょう。
当社では利便性の高い人気エリアを中心に、立地条件にこだわることで、賃借人が付かないという不動産投資のリスクをより低減しているのです。

 

Scroll